ヒアルロン酸とコラーゲン

ヒアルロン酸とコラーゲン

ヒアルロン酸とコラーゲンは、美容や健康に興味がある人に注目されている成分です。
これらの成分は効果的に関節の動きをスムーズにしたり、肌の保湿をすることができます。

 

実際はまったく違うのですが、ヒアルロン酸とコラーゲンは同様の成分だと思っている人もいるかもしれません。それぞれ根本になる物質が、ヒアルロン酸とコラーゲンではまったく違うそうです。

 

ヒアルロン酸は糖の一種で、ムコ多糖類に分類されます。コラーゲンはたんぱく質の一種です。人の体に存在するたんぱく質のうち、コラーゲンの割合はおよそ3分の1です。コラーゲンの働きは、細胞と細胞を結びつけるというものです。たるみやしわが、コラーゲンが足りなくなってしまった肌は弾力がなくなることで際立ってきます。

 

もともと関節にあったコラーゲンが減少してしまうと、悪化するのが関節の働きで、痛みやきしみが起こってしまうでしょう。1グラムのコラーゲンで6リットルの水を保つことができるといわれており、コラーゲンは体内の水を維持することに関係している成分です。

 

いろいろな体の部分に存在しているのが、コラーゲンです。コラーゲンは足りなくなるとは肌が乾燥してしまうようで、とくに関節や肌の真皮層にたくさんのコラーゲンが存在しているようです。ヒアルロン酸が肌の細胞同士を結びつけ、コラーゲンが肌の水分を保っています。

 

肌の保湿のためにはとても重要な成分ですが、コラーゲンもヒアルロン酸も年をとればとるほど少なくなってしまうそうです。

相乗効果

年齢を重ねるとともに、体の中でヒアルロン酸やコラーゲンが作られる量というのは減っています。
似ているようでヒアルロン酸とコラーゲンの成分はまったく異なるものだそうです。

 

非常に皮膚の潤いを保つことたや、関節の働きに関係しているようで、お互いに助け合って働いています。コラーゲンもヒアルロン酸も、その役割をどちらか一方だけで働かせることができるものではないといいます。

 

コラーゲンは体の様々な部分に存在している栄養素ですが、特にお肌には網の目のように張り巡らされています。皮膚の保湿には、網のところにヒアルロン酸を集中させて外に出さないことで効果があるというシステムです。

 

ヒアルロン酸を皮膚に保持することは、コラーゲンがなければ無理なのです。柔らかい弾力のある肌は、コラーゲンだけでは保つことは不可能です。多くのサプリメントやドリンクでコラーゲンとヒアルロン酸を一緒に摂取するようになっているのは、この補完し合う特徴があるからです。

 

効率よく美肌や健康にいい効果を得るために、一度にヒアルロン酸とコラーゲンの2つの成分を摂取できるようにしているのです。コラーゲンだけでも、ヒアルロン酸だけでも美肌効果は不十分です。重要なことは、サプリメントを利用するときにはヒアルロン酸とコラーゲンを同時に摂るように心がけることです。

コラーゲンもヒアルロン酸人気のサプリ

案外たくさんの人が、美容のため、あるいは関節痛対策にヒアルロン酸とコラーゲンのサプリメントを利用しているといいます。

 

コラーゲンもヒアルロン酸も、体内に子供のころは多くの量があるのですが、だんだんとその量が年をとると共に少なくなっていってしまうのです。体内で生成しても、食品から補っても減少傾向が止まらないのであれば、補充をサプリメントでしてあげることが適しているといえます。

 

食品の中でヒアルロン酸が入っているものは、フカヒレや鶏のとさか、魚の目玉、軟骨などだといいます。意識しても日常的に摂取するようなものではありません。とくにサプリメントの利用価値があるのは、ヒアルロン酸を食事だけで摂取しようと思ってもなかなかできないからです。

 

ヒアルロン酸とコラーゲンを同時に摂取できるタイプのサプリメントも、近ごろは注目されています。美肌にも、関節痛対策にも、どちらかだけの摂っているのでは効果があまり高くないからです。バランスよくヒアルロン酸とコラーゲンを取り入れることが大切だといえるでしょう。

 

店頭では食品として売られているものですので、副作用が起こるといった懸念は、ヒアルロン酸やコラーゲンのサプリメントに関しては無いといえます。まれにアレルギー体質の人が反応することがあります。

 

摂取をする前に、ヒアルロン酸やコラーゲンのサプリメントにどんな原材料を使っているのか、確認しておいたほうが無難です。

関連ページ

セラミドのサプリメント
美容系で人気のセラミド。サプリメントで内側からもスキンケア!お肌の潤いをシッカリキープするためにもセラミドに頑張ってもらいましょう♪
プロポリスのサプリ
プロポリスのサプリ